焼きなす
NHK「みんなのきょうの料理」
写真家: 岡本 真直

武蔵 裕子

焼きなす

料理家

武蔵 裕子

2人前 10分 20kcal/人
ヘタを取らずに丸ごとじっくり焼くことで、なすのジューシーさを引き出します。ヘタを取ってしまうと、水分が抜けてうまく焼けません。

材料(2人分)

なす
2コ(180g)
みょうが
2コ分
しょうが
適量
青じそ
3~4枚分
しょうゆ
適宜

作り方

  1. なすは表面を竹串で何か所か刺す(焼いている間に皮が破裂するのを防ぐため)。
  2. グリルの網に1のなすをヘタを奥に向けて並べ、両面焼きで強火で8~9分間、全体に黒く焦げ色がつくまで焼く。片面焼きの場合は、1分30秒~2分間予熱してから網に並べ、菜箸で時々転がしながら、強火で9~10分間焼く。全体が黒く焦げるまで焼く。よく焼いたほうが、皮がむきやすい。
  3. 2が熱いうちに、ヘタの部分を布巾で押さえながら、竹串で皮をむく。ヘタを切り落とし、斜めに3等分に切る。器に盛ってみょうがとしょうが、青じそを添え、好みでしょうゆを適宜かける。竹串を使い、ゆっくり引っ張りながら皮をむく。

「献立考える、食材を買う」
を1分で。