小松菜のからしあえ
NHK「みんなのきょうの料理」
写真家: 岡本 真直

料理家 小田 真規子

小松菜のからしあえ

料理家 小田 真規子

2人前 20分 20kcal/人
しょうゆの塩けと風味がじんわりとしみ込み、からしの辛みと香りがほのかに広がる上品な味わいです。

材料(2人分)

小松菜
1ワ(200g)
しょうゆ
大さじ1
【あえ衣】
 練りがらし
小さじ1/2
 しょうゆ
小さじ1

作り方

  1. 小松菜は根元をよく洗って根を切り、太いものは縦に切り込みを入れる。ボウルにたっぷりの冷水を入れて小松菜をつけ、約15分間おいてパリッとさせる。根元に包丁を当て、2~3cm深さの切り込みを入れる。こうすると火が通りやすくなる。 小松菜は花を生けるように冷水につけると、根元から水分を吸ってみずみずしくなる。
  2. 鍋に水カップ7~8を入れて強火にかける。煮立ったら小松菜の下半分をつけ、約10秒間たったら菜箸で押さえて全体を沈める。再び煮立ってから約20秒間ゆで、取り出して冷水にとる。火が通りにくい根元を先に入れて少し長めにゆでることで、葉をゆですぎるのを防ぐ。 すぐに冷水にとって冷ます。急激に冷ますことで色が鮮やかになり、アクもぬける。
  3. 根元をそろえて持ち、水けを軽く絞る。バットに入れてしょうゆをかけ、よくからめる。半分に分け、根元と葉先を互い違いに合わせて軽く水けを絞り、5~6cm長さに切る。
  4. ボウルにあえ衣の材料を入れてよく混ぜ、2を入れてあえる。