手羽元の照り煮
NHK「みんなのきょうの料理」
写真家: 野口 健志

河野 雅子

手羽元の照り煮

料理家

河野 雅子

2人前 20分 320kcal/人
小麦粉をまぶし、表面を焼いてから煮ることが、皮もおいしく食べる秘けつです。じっくり煮ることで味がよくしみ込み、骨離れもよくなります。

材料(2人分)

鶏手羽元
6本(350g)
チンゲンサイ
1株(150g)
しょうが
15g
【A】
 砂糖
大さじ1+1/2
 酒
大さじ1+1/2
 しょうゆ
大さじ1+1/2
小麦粉
大さじ1
サラダ油
小さじ1
小さじ1/4

作り方

  1. ボウルに手羽元を入れ、小麦粉をふってざっとまぶす。しょうがはせん切りにし、チンゲンサイは縦に四つ割りにする。小麦粉をふりかけ、ざっと混ぜてまぶす。1本ずつ丁寧につけなくてもよい。
  2. フライパンにサラダ油を中火で熱し、手羽元を並べ入れる。焼き色がついたら返して、全体を色よく焼く。水カップ3/4、しょうがを入れ、煮立ったら【A】を加える。オーブン用の紙で落としぶたをし、弱めの中火で時々返しながら12~13分間煮る。落としぶたを外し、返しながらからめて照りを出す。表面をこんがり焼いたら水を注ぐ。手羽元からうまみが出るので水でよい。オーブン用の紙を切って落としぶたにすると、少ない煮汁でも全体に行き渡る。
  3. 鍋に湯カップ3を沸かし、塩を入れてチンゲンサイを加え、約3分間ゆでてざるに上げる。器に2を盛り、チンゲンサイを添える。