ローストチキン・ローズマリー風味
ボブとアンジー

ボブとアンジー

ローストチキン・ローズマリー風味

4人前 60分 188kcal/人
玉ねぎとにんじんの甘味が鶏肉によく合います。玉ねぎが甘くなるのはその香り成分で涙の原因となる硫化アリルが、加熱すると糖度の高いプロピルメルカプタンに変化するからです。

材料(4人分)

若鶏
1羽
白ワイン
適量
(若鶏に詰めるフィリング)
 玉ねぎ
60g
 にんじん
30g
 セロリ
30g
 ローズマリー
小さじ1/2
少々
こしょう
少々
(若鶏を焼く)
 玉ねぎ
80g
 にんじん
30g
 バター
大さじ1
(調味料)
 レモン果汁
大さじ1
 白ワイン
大さじ1
 オリーブ油
大さじ1
 サラダ油
大さじ1
(ソース)
 ブイヨン
1カップ
 ローズマリー
少々
 塩
少々
 こしょう
少々
 コーンスターチ
適量

作り方

  1. 若鶏は内臓を抜き取って、よく水洗いし、水気をふきます。
  2. (1)の腹部に白ワインをすり込み、玉ねぎ、にんじん、セロリの千切り、ローズマリーを詰めます。
  3. (2)をチキン針でとじ合わせ、脚も形を整えて止め、表面全体に塩、こしょうをすり込みます。
  4. 焼く準備をします。玉ねぎ、にんじんは千切りにしてオーブン皿に敷きます。その上に(3)をのせ、バターを塗ります。
  5. (調味料)の材料は混ぜ合わせておきます。
  6. (4)をガス高速オーブンで焼きます(220℃前後、約20分+180℃前後、約30~35分)。途中、2~3回くらい(5)をかけながら焼き上げ、オーブン皿から取り出します。
  7. ソースを作ります。ローストチキンを取り出したオーブン皿にブイヨン、ローズマリーを加えて、直火にかけ、焦げを煮溶かし、布でこします。塩、こしょうで味を調え、水溶きコーンスターチでとろみを付けます。
  8. ローストチキンを器に盛り、(7)のソースを添えます。付け合わせとしてパセリ風味のバターライス、ミニトマトとうずら卵でつくったきのこ、くし形切りのレモンなどを添えてもよいでしょう。