さんま飯
ボブとアンジー
4人前 60分 551kcal/人
秋の食卓を彩るさんまは、不飽和脂肪酸のDHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)を豊富に含み、生活習慣病予防に欠かせない食材です。脂肪を含み酸化しやすいので、保存には注意しましょう。

材料(4人分)

3カップ
さんまの開き
2枚(140g)
昆布
5cm
(A)
 水
3と1/3カップ
 酒
大さじ2
 みりん
大さじ1
 薄口しょうゆ
大さじ1
 塩
小さじ1/2
塩昆布
15g
青ねぎ(小口切り)
適量
刻みのり
適量

作り方

  1. 米は炊く30分前に洗い、ザルに取ります。さんまの開きは縦半分に切ります。グリルまたは魚焼きの網で香ばしく焼いておきます。
  2. 昆布はぬれふきんで両面をふき、炊飯器の内がまに米、昆布、(A)を入れ、全体を軽く混ぜ合わせます。(1)のさんまを並べます。
  3. 炊飯器のスイッチを入れて炊きます。蒸らし時間を経て、さんまの開きを取り出し、骨を取り除きます。粗めにほぐし、ご飯の中へ混ぜ込みます。この時、塩昆布も一緒に入れます。
  4. 器に盛り付け、小口切りの青ねぎを散らし、刻みのりを添えます。

「献立考える、食材を買う」
を1分で。