揚げ魚のトマトあんかけ
ボブとアンジー

ボブとアンジー

揚げ魚のトマトあんかけ

ボブとアンジー

4人前 45分 266kcal/人
トマトの色素成分であるリコピンは、強い抗酸化作用を持っていますので、身体の酸化を防いでくれます。油と一緒にとると吸収がよくなりますので、炒めて食べる調理法は効率よく栄養素を摂取できます。

材料(4人分)

白身魚
300g
(A)
 しょうが汁
小さじ1
 酒
大さじ1
 塩
少々
片栗粉
大さじ2
揚げ油
適量
サニーレタス
4枚
(トマトあん)
 トマト
大2個
 長ねぎ(みじん切り)
15g
 しょうが(みじん切り)
15g
 サラダ油(炒め用)
少々
(B)
 チキンスープ
100ml
 砂糖
大さじ1/2
 塩
小さじ1/2
 薄口しょうゆ
少々
 こしょう
少々
水溶き片栗粉
大さじ3

作り方

  1. 白身魚はひと口大の削ぎ切りにして、(A)で下味を付け、水気をふいて片栗粉をまぶし、中温の揚げ油でカラッと揚げます。
  2. トマトは皮を湯むきして種を取り、粗みじん切りにします。
  3. 油を熱して長ねぎとしょうがを炒め、(2)、(B)を加えてしばらく煮、水溶き片栗粉でとろみを付けて、トマトあんを作ります。
  4. 器にサニーレタスを敷き、(1)を盛って(3)をかけます。