はまぐりと山菜の湯葉包み揚げ
ボブとアンジー

ボブとアンジー

はまぐりと山菜の湯葉包み揚げ

4人前 60分 477kcal/人
はまぐりはタウリンと呼ばれるたんぱく質のほか、ビタミン、ミネラルが豊富で、生活習慣病予防や免疫力アップに効果が期待できます。もち米や山菜と組み合わせることで、バランスのとれた一品になります。

材料(4人分)

はまぐり
12個
大さじ2
もち米
200ml
(山菜(水煮))
 わらび
40g
 ぜんまい
40g
たけのこ(ゆで・5mm角切り)
30g
板湯葉
12枚
三つ葉(ゆでたもの)
12本
片栗粉
適量
揚げ油
適量
(あん)
 だし汁
300ml
 みりん
大さじ1
 薄口しょうゆ
小さじ1
 塩
少々
水溶き片栗粉
適量

作り方

  1. はまぐりは砂出しをし、酒蒸しにして、身は取り出して小切りにし、蒸し汁はこしておきます。
  2. もち米は洗って、水(200ml)を加えて約20分間吸水させ、(1)の蒸し汁(50ml)を加えて炊きます。
  3. (2)に粗く刻んだ山菜、たけのこ、はまぐりの中身を加え、12等分して丸めます。
  4. 戻して水気をふいた湯葉に(3)をのせ、茶巾に包んで、三つ葉で結びます。
  5. 片栗粉をまぶし、中温の揚げ油で揚げます。
  6. あんの材料を煮立て、水溶き片栗粉でとろみを付けます。
  7. 器に(5)を盛り、(6)をかけます。 ★うど(7mm角、5cmの長さの棒状に切り、(あん)の煮汁の一部でサッと煮たもの)を付け合わせてもよいでしょう。

「献立考える、食材を買う」
を1分で。