鮭と白菜の炒め物
ボブとアンジー

ボブとアンジー

鮭と白菜の炒め物

4人前 45分 327kcal/人
きくらげは、きのこのひとつです。紫外線でビタミンDに変化するエルゴステロールを多く含んでいます。ビタミンDは、カルシウムやリンの吸収を助ける働きや血中カルシウム濃度をコントロールする役割などがあります。また、鮭に含まれる「アスタキサンチン」という赤い色素は、ビタミンEの約25倍という強い抗酸化力をもち、紫外線によるシワなど肌の老化を抑えます。

材料(4人分)

生鮭
400g
(下味)
 塩
少々
 酒
少々
片栗粉
適量
白菜(ゆでたもの)
500g
きくらげ
3枚
しょうが
10g
(調味料)
 塩
小さじ1
 砂糖
小さじ1
 しょうゆ
大さじ1と1/3
 鶏がらスープ
1/3カップ
 水溶き片栗粉
小さじ1
サラダ油
適量

作り方

  1. 生鮭はひと口大に切り、塩、酒で下味を付け、片栗粉をまぶして油通しをします。
  2. 白菜は3cmの長さのざく切り、きくらげは戻して細切り、しょうがは皮をむいて薄切りにします。
  3. 中華鍋にサラダ油を熱し、しょうがを炒め、白菜ときくらげを炒めます。白菜がしんなりすれば(1)を加え、調味料で味付けし、水溶き片栗粉で仕上げます。

「献立考える、食材を買う」
を1分で。