えのきとちくわの梅だれ炒め
ボブとアンジー

ボブとアンジー

えのきとちくわの梅だれ炒め

ボブとアンジー

2人前 10分 132kcal/人
ちくわは魚のすり身を棒に塗りつけて焼いたものです。たんぱく質は魚よりも少なく、塩分は多くなります。調理する時は味をみながら調整しましょう。えのきたけは、きのこの中でもビタミンB1が豊富で、同量の玄米ご飯と比べると約1.5倍の含有量です。

材料(2人分)

えのきたけ
100g
ちくわ
2本
青じそ
3枚
ごま油
大さじ1
(万能梅だれ)
 梅干し(塩分8%以下のもの)
大4個
 はちみつ
大さじ1/2
 酢
100ml
 すりごま(白)
大さじ2

作り方

  1. えのきたけは石突きを取り除き、半分に切ります。根の方は手でほぐしておきます。ちくわは縦半分に長く切り、斜め薄切りにします。青じそは千切りにします。
  2. 万能梅だれを作ります。ボウルに梅干しを入れ、泡立て器でくずしながら種を取ります。よく混ぜながら、ピューレー状にします。酢、はちみつを加え、泡立て器で混ぜます。最後にすりごまも混ぜます。※ここでは、できあがったうちの大さじ2杯分使用します。
  3. フライパンを熱し、ごま油を入れて、えのきたけとちくわを中火で炒めます。えのきたけがしんなりしてきたら、万能梅だれを入れて全体にからめます。
  4. 皿に取り、粗熱が取れてから、青じそを混ぜます。