蒸し魚のねぎソースがけ
NHK「みんなのきょうの料理」
写真家: 岡本 真直

料理家 パン・ウェイ

蒸し魚のねぎソースがけ

料理家 パン・ウェイ

2人前 35分 320kcal/人
フライパンで手軽にできる切り身魚の蒸し物。アツアツの油をかければ、ねぎの香りが際立ちます。

材料(2人分)

さわら(切り身)
2切れ(240g)
A
 しょうが(薄切り)
2かけ
 ねぎ(青い部分/斜め薄切り)
5cm
紹興酒
大さじ1
ねぎ
6cm
たれ
 さわらの蒸し汁
大さじ2
 湯
大さじ1
 オイスターソース
大さじ1
 しょうゆ
小さじ1
 砂糖
小さじ2/3
香菜(シャンツァイ)の葉
少々
サラダ油
大さじ1と1/2

作り方

  1. フライパンに2cm深さまで水をはり、高さ2~3cmの耐熱皿を裏返して置く。その上に別の皿をのせ、【A】の半量を広げる。さわらをのせ、残りの【A】をのせる。上から紹興酒をかけてふたをし、強火で約20分間蒸す。途中で湯が少なくなってきたら、適宜足す。
  2. (1)の【A】を取り除き、さわらを器に盛る。蒸し汁大さじ2はとっておく。裏返した皿の上に蒸し皿をのせて高さを出すと、カタカタと音はするが、沸騰した湯が蒸し皿に入る心配がない。
  3. ねぎは長さを半分に切り、白髪ねぎをつくって、耐熱ボウルに入れる。小さめの鍋にサラダ油を入れ、煙が少し出るまで熱し、ねぎにかける。
  4. (3)を(2)のさわらにのせる。小さめの鍋にたれの材料を入れて煮詰め、さわらに適量をかける。最後に香菜の葉をのせる。ねぎは4~5cm長さに切り、縦に切り目を入れて芯の部分を外す。繊維に沿って端からせん切りにし、水にさらしてシャキッとさせ、水けをきる。白髪ねぎに熱した油をジュッとかけて香りを引き出す。鍋も油もかなり熱くなるので、やけどには十分に注意する。