春餅・3種の炒菜添え
ボブとアンジー

ボブとアンジー

春餅・3種の炒菜添え

ボブとアンジー

4人前 60分 635kcal/人
中国では二十四節気の「立春」に春餅を食べる風習があります。いかやえびはタウリンが多く含まれていて、肝臓を助ける働きがあるとされていますので、アルコールが入るパーティなどにも良いメニューです。

材料(4人分)

(春餅)
 強力粉
85~90g
 薄力粉
35g
 ラード
小さじ1
 塩
少々
 熱湯
40ml強
 溶き卵
35g
 ごま油
適量
 打ち粉
適量
(えびと卵のみそ炒め)
 えび(無頭)
8尾
 さやいんげん
80g
 卵
2個
 塩
少々
 揚げ油
適量
 サラダ油(炒め用)
適量
 ごま油
小さじ1
(下味)
 酒
小さじ2
 塩
少々
 こしょう
少々
 卵白
1/4個
 片栗粉
小さじ2
(A)
 赤みそ
大さじ1
 酒
小さじ2
 砂糖
小さじ2
 しょうゆ
小さじ2
(いかのカレー風味炒め)
 するめいか(上身)
90g
 たけのこ(ゆで)
80g
 絹さや
10枚
 サラダ油
適量
(B)
 酒
大さじ1
 しょうゆ
大さじ1
 カレー粉
小さじ1
 酢
小さじ1
 片栗粉
小さじ1
 塩
少々
(焼き豚とピーマンの炒めもの)
 焼き豚
150g
 ピーマン
5個
 しょうが
5g
 サラダ油
適量
(C)
 酒
大さじ1と1/3
 しょうゆ
大さじ1と1/2
 砂糖
大さじ1
 こしょう
少々
 チキンブイヨン
大さじ2
 片栗粉
小さじ1

作り方

  1. (春餅を作ります) 粉類は合わせてふるい、中央をへこませて塩、ラードを入れ、熱湯を少しずつ加えながらよく混ぜます。
  2. 溶き卵を加え、なめらかになるまでこねて、ぬれふきんに包んで休ませます(約30分間)。
  3. 打ち粉をした台の上で直径3cmくらいの棒状にのばし、12等分し、切り口を上にして手のひらで押さえ、直径5cmくらいの円形にのばします。
  4. 半量の片面にごま油を塗り、残りの生地と2枚1組にし、重ねて、直径20cmくらいになるまでのばします。
  5. 1組ずつ両面を焼き、熱いうちに2枚にはがして、4つ折りにします。
  6. 食べる直前にサッと蒸します。 (3種の炒菜を作ります)
  7. えびは殻、尾、背わたを取り、下味を付けて、150~160℃の揚げ油で油通しします。
  8. さやいんげんは色よくゆでて、斜め半分に切ります。
  9. サラダ油を熱したフライパンに、塩を加えて溶いた卵を入れ、大きくかき混ぜて、半熟状にして取り出します。
  10. 油を足して(8)、(7)を炒め、(A)と(9)も加えて手早く混ぜ、ごま油を落とします。 (いかのカレー風味炒めを作ります)
  11. いかは4~5cmの長さ、5~6mm幅の細切りにします。
  12. たけのこは5~6mm幅の細切りにします。
  13. 絹さやはサッとゆでて5~6mm幅の斜め細切りにします。
  14. サラダ油を熱して(11)、(12)の順に炒め、(13)、(B)を加えて仕上げます。 (焼き豚とピーマンの炒めものを作ります)
  15. 焼き豚は5mm幅の細切り、ピーマン、しょうがも細切りにします。
  16. サラダ油を熱し、しょうが、ピーマン、焼き豚の順に加えて炒め、(C)を加えて、からめるように仕上げます。 (仕上げます)
  17. 3種の炒菜を皿に盛り、直前に蒸した(6)を添えます。好みの炒菜を巻いていただきます。