さんまと小松菜のピリ辛炒め
ボブとアンジー

ボブとアンジー

さんまと小松菜のピリ辛炒め

4人前 15分 256kcal/人
カルシウムを多く含んでいる小松菜。不足しがちな成分だけに効率よく摂取したいですよね。豊富なビタミンDを含むさんまと食べることで、カルシウムの吸収を高めて、丈夫な骨や歯を作ってくれます。

材料(4人分)

さんま(上身)
2尾
(下味)
 しょうゆ
少々
 酒
少々
れんこん
100g
小松菜
1束
キムチ
150g
しょうゆ
大さじ1
ごま油
大さじ1
サラダ油
大さじ2

作り方

  1. さんまはひと口大に切り、下味を付けます。
  2. れんこんは5mm厚のいちょう切りにし、サッとゆでます。
  3. 小松菜は3~4cmの長さに切ります。
  4. 中華鍋に半量のサラダ油(大さじ1)を熱し、水気を取った(1)の両面をこんがり焼き、取り出します。
  5. (4)の中華鍋に残りのサラダ油(大さじ1)を足し、(3)の小松菜を炒め、しんなりしたら(2)のれんこん、(4)のさんま、ざく切りにしたキムチを加え、しょうゆで調味し、最後にごま油を加えて仕上げます。

「献立考える、食材を買う」
を1分で。