白身魚のけんちん焼き
ボブとアンジー

ボブとアンジー

白身魚のけんちん焼き

4人前 45分 213kcal/人
豆腐や白身魚は淡白で、消化吸収に負担がかからないことから、胃腸が弱っている方にもお勧めです。けんちんの語源は、中国の精進料理(普茶料理)の「巻繊(けんちゃん)」から来ているそうです。

材料(4人分)

白身魚
8切れ
少々
少々
木綿豆腐
1/2丁
とうもろこし(ゆで・粒)
20g
生しいたけ
3枚
絹さや
15g
(A)
 卵
1/2個
 砂糖
小さじ1
 薄口しょうゆ
少々
 塩
少々
(B)
 だし汁
100ml
 みりん
大さじ1/2
 薄口しょうゆ
大さじ1/2
はじかみしょうが
8本
(甘酢)
 酢
大さじ1と1/2
 砂糖
大さじ1と1/2
* 1切れ40g

作り方

  1. 白身魚は酒、塩をふって、しばらくおきます。
  2. 豆腐は水切りして裏ごしし、調味料(A)を加えます。
  3. 生しいたけは千切りにし、調味料(B)で煮て、とうもろこし、ゆでて千切りにした絹さやを加え、火から下ろして冷まします。
  4. (3)の水気を切り、(2)に加えて混ぜます。
  5. (1)の水気をふき、サラダ油(分量外)を塗ったオーブン皿に並べて、ガス高速オーブンで素焼きにします(220℃前後、約5分)。
  6. (5)に(4)をのせ、再びガス高速オーブンで焼きます(200℃前後、約4分)。
  7. 器に(6)を盛り、甘酢に漬けたはじかみしょうがを添えます。