さばの船場汁
ボブとアンジー

ボブとアンジー

さばの船場汁

4人前 60分 241kcal/人
船場汁は、魚の身を食べた後の骨や頭を無駄なく利用した大阪の郷土食です。さばはDHAやEPAなどの不飽和脂肪酸を多く含んでおり、アンチエイジングや生活習慣病予防に役立つので、積極的にとりましょう。

材料(4人分)

さば(頭と中骨)
1尾
大根
5cm
青ねぎ
1本
昆布
1枚
適宜
薄口しょうゆ
少々
少々
しょうが汁
小さじ2
ゆず果汁
適量

作り方

  1. さばの頭は縦4つに切り分け、中骨も食べやすい大きさに切り、塩をふって1時間ほど置きます。そのあと熱湯にくぐらせ、サッと洗って生臭みをとります。
  2. 大根は薄い輪切りか半月切りにし、青ねぎはぶつ切りにします。
  3. 水(4カップ)に昆布を入れて火にかけ、煮立つ寸前に昆布を取り出し、大根を入れてやわらかくなるまで煮ます。
  4. さばを加えて強火にし、アクを丁寧にすくいます。青ねぎを加え、薄口しょうゆと酒で味を調えます。
  5. 好みでしょうが汁やゆず果汁を加えていただきます。

「献立考える、食材を買う」
を1分で。