関西風厚焼き卵サンド
ボブとアンジー

ボブとアンジー

関西風厚焼き卵サンド

1人前 15分 879kcal/人
卵には1個(約60g)あたりおよそ7.4gの良質のたんぱく質が含まれています。たんぱく質をしっかり摂取すると代謝が良くなり、代謝を上げると消費カロリーも高くなるので、太りにくい体質になります。抗酸化作用や食物繊維が豊富な野菜を一緒にとりましょう。

材料(1人分)

食パン
2枚(6枚切り)
3個
バター(またはマーガリン)
適量
マヨネーズ
大さじ2
練りからし
約小さじ1/3
少々
サラダ油
少々

作り方

  1. 食パンの1枚にはバター、もう1枚には練りからしを混ぜたマヨネーズを塗ります。
  2. ボウルに卵を入れ、よく溶きほぐし、塩で調味します。卵焼き器にサラダ油を熱し、卵を流し入れ、パンのサイズに合わせて四角い形に焼き上げます。
  3. すぐに(1)の食パンにのせてサンドします。少しなじませたら、耳を切り落とし、お好みのサイズにカットします。(卵は焼いたらすぐにサンドすることで、パンとなじんでくれます。パンの下準備をしてから卵を焼くとよいでしょう。) ※厚焼き卵は、フライパンをよく熱して、溶いた卵を一気に流し入れること、菜箸でかき混ぜながら短時間で仕上げることがポイントです。
関連するレシピ