焼きさんまのちらしずし
ボブとアンジー

ボブとアンジー

焼きさんまのちらしずし

4人前 60分 688kcal/人
脇役になりがちなわかめですが、ミネラルや食物繊維などが豊富で、積極的にとりたい食品です。わかめに含まれるカリウムやアルギン酸は、余分な塩分を体外に排出する働きがあり、水分代謝をよくしてくれます。

材料(4人分)

3合(540ml)
昆布(5cm角)
1枚
みりん
大さじ1
(合わせ酢)
 酢
80ml
 砂糖
40g
 塩
大さじ1と1/2
さんま
3尾
少々
青じそ
4枚
乾燥わかめ
20g
紅しょうが
少々

作り方

  1. 米は洗って、ガス炊飯器の炊飯がまに入れ、昆布とみりんを加えて水加減し、約30分浸漬させ、炊きます。
  2. 合わせ酢の調味料は早めに合わせておきます。
  3. 炊きたての(1)を飯切りに移して昆布を取り出し、(2)を木じゃくしに受けながら、全体にかけます。
  4. 合わせ酢がご飯全体になじむように混ぜます。
  5. うちわであおいで冷まし、ツヤを出します。
  6. さんまは頭を落とし、内臓を取って、サッと洗って水気をふき、塩をふって、ガス高速オーブンで焼きます(250℃に予熱し、約10分)。
  7. (6)の皮、骨を取って、粗くほぐします。
  8. 青じそは千切りにします。
  9. 乾燥わかめは焦がさないように炒り、ふきんで細かくもみほぐします。
  10. すし飯に(7)~(9)を合わせます。
  11. 器に盛り、もみじ型で抜いた紅しょうがを添えます。

「献立考える、食材を買う」
を1分で。