ぶりの塩焼き
ボブとアンジー

ボブとアンジー

ぶりの塩焼き

ボブとアンジー

2人前 45分 151kcal/人
寒ぶりがおいしいのは、この時期にヒスチジンという、削り節にも多く含まれるアミノ酸が増えるからです。ヒスチジンは体内でヒスタミンに変化し、満腹中枢を刺激することで、満腹感を高め食欲を抑制する効果が期待できます。

材料(2人分)

ぶり
2切れ(100g)
(A)
 塩
小さじ1/2
 酒
小さじ1
(かぶの甘酢漬け)
 かぶ(皮)
50g
 かぶ(葉)
30g
 塩
少々
 酢
大さじ1
 砂糖
大さじ1/2

作り方

  1. ぶりは(A)をふり、しばらく置きます。
  2. (1)の水気をふき取り、グリルで焼きます(上下強火 約8分)。
  3. かぶの皮は千切りにして塩(皮の重さの約2~3%の塩、小さじ1/3程度)でもみ、しんなりすれば水洗いして水気を切ります。
  4. かぶの葉は塩を加えた熱湯でゆで、2cmの長さに切り、水気を切ります。
  5. 甘酢漬けの調味料の塩、酢、砂糖を合わせ、(3)のかぶの皮、(4)のかぶの葉を漬けておきます。(2)の焼き上がったぶりの横に、かぶの甘酢漬けを添えます。