桜しんじょ
ボブとアンジー

ボブとアンジー

桜しんじょ

4人前 45分 44kcal/人
白身魚のしんじょは低脂肪で高たんぱく、やわらかくて消化もよい食材ですので、胃腸の弱い方や離乳食にも使えます。たんぱく質は身体を作るのに欠かせません。子どもから大人までしっかりととりたい栄養素です。

材料(4人分)

(しんじょ生地)
 白身魚(三枚おろし)
200g
 卵白
1/2個
 大和いも(おろし)
大さじ1/2
 だし汁(昆布)
20~25ml
 塩
少々
桜の葉(塩漬け)
8枚
桜の花(塩漬け)
8個

作り方

  1. 桜の葉は水につけて塩出しをします。
  2. 白身魚は皮をひき、背と腹に分け、中骨、血合いを取ります。小切りにし、包丁でたたいて細かくします。
  3. すり鉢に移し、塩を加えてさらによくすり潰します。ねばりが出れば、目の細かいザルで裏ごしにかけ、筋や小骨を除きます。
  4. すり鉢に戻して大和いもを加え、さらにすり混ぜます。
  5. 卵白はピンとツノが立つくらいまでしっかり泡立てます。
  6. (4)に(5)を少しずつ加えてすり混ぜます。
  7. だし汁を少しずつ加えながら練り上げ、8等分し、俵形にまとめ、水気を切った(1)で包みます。
  8. ふきんを敷いた蒸し器に並べ、弱めの中火で蒸します(7~8分間)。
  9. ぬるま湯で余分な塩を落とした桜の花の水気をふき、(8)にのせます。