とうがんとえびのスープ
ボブとアンジー

ボブとアンジー

とうがんとえびのスープ

ボブとアンジー

2人前 15分 64kcal/人
とうがんは、漢字で「冬瓜」と書きますが夏野菜です。水分が豊富で、体熱を下げる効果があります。夏バテしやすいこの季節は、とうがんを食べて体の中から健康になりましょう。

材料(2人分)

とうがん
100g
えび
4尾
適量
適量
鶏がらスープ
2カップ
(A)
 片栗粉
大さじ1
 水
大さじ2
しょうが(おろし)
少々

作り方

  1. とうがんは皮をむき、5mm厚のいちょう切りにします。(とうがんは皮を薄めにむくと、緑色が鮮やかに出ます。いちょう切りは、切り口が円形の材料を4つ割り(直径が大きい場合は、6つ割りまたは8つ割り)にし、さらに端から切ります。)
  2. えびは背わたを取り、殻をむいて、塩、酒でもんで水洗いします。水気をふいて小切りにします。(えびの背わたを取る時は、えびを丸くして持ち、殻と殻の間(第2~第3関節あたり)に竹串を刺して、背わたをゆっくりと引き抜きます。)
  3. 鍋に鶏がらスープを入れて沸かし、(1)を加えて沸騰すれば弱火にし、やわらかくなるまで煮ます(8~10分)。
  4. (2)を加え、サッと煮て塩で味を調えます。(A)でとろみを付け、おろししょうがを加えます。