ぶりの粕煮鍋
ボブとアンジー

ボブとアンジー

ぶりの粕煮鍋

4人前 45分 406kcal/人
ぶりに含まれる不飽和脂肪酸は、血液をサラサラにし、酒粕には血行をよくする働きがありますので、身体の芯から温まるメニューです。カプサイシンを含む唐辛子を加えれば、いっそう血行促進に効果的です。

材料(4人分)

ぶり(かまの部分、切り身)
600g
大根
1/2本
にんじん
1/2本
ごぼう
1/2本
さやえんどう
8枚
だし汁
4カップ
酒粕
80g
(A)
 白みそ
40g
 塩
少々
 しょうゆ
大さじ1/2
一味唐辛子
少々

作り方

  1. ぶりは大きめのひと口大に切り、サッと湯にくぐらせて水に取り、水分をふいておきます。大根、にんじん、ごぼうは皮をむいてひと口大の乱切りにし、かたゆでします。
  2. さやえんどうは筋を取り、塩を入れた熱湯でゆでます。
  3. 鍋に(1)とだし汁を入れ、やわらかくなるまで煮ます。
  4. (3)に酒粕を溶き入れて(A)で味をつけ、コトコトと弱火で煮ます。最後に(2)を加え、ひと煮立ちさせます。
  5. 器に盛り付け、一味唐辛子をふります。 ★さやえんどうの代わりに、青ねぎで代用しても良いでしょう。

「献立考える、食材を買う」
を1分で。