カキの卵とじ丼
写真家: マルコメ

マルコメ

カキの卵とじ丼

2人前 20分 637kcal/人
小粒のカキを使った卵とじ丼です。カキは小さめを使います。大きければ一口サイズに切ります。しょうゆを加えて香りにアクセントを加えます。卵は2回にかけて回しいれます。トッピングに海苔や七味唐辛子、粉山椒を加えて味にアクセントを加えます。

材料(2人分)

生カキ
200g
長ねぎ
10g
鶏卵(溶く)
3〜4個
根三つ葉
6本
白飯
丼2杯
食塩
少々
20g
七味唐辛子
適宜
(a)
 液みそ 料亭の味 四種合わせ
大さじ3と1/2
 濃口しょうゆ
小さじ2
 水
200ml

作り方

  1. 生カキはボウルに入れて食塩少々を加えてかるくもんでぬめりを出してふり洗いし、ざるにあげてペーパータオルで包んで水気を切ってから2〜3等分に切る。
  2. 長ねぎは縦半分に切ってから斜め薄切りにする。
  3. 浅鍋またはフライパンに[1]、酒を入れて中火にかけ、カキがぷっくりするまでさっと炒めたら塩少々をふる。
  4. [3]に(a)を入れ、煮立ったら[2]を加えてふたをし1〜2分煮る。
  5. 溶き卵の2/3量を回し入れ、再びふたをして1〜2分加熱し卵に火を通す。
  6. 根三つ葉を散らし、残りの溶き卵を回し入れ、溶き卵が好みのかたさになったら火を止め、白飯をよそったどんぶりにのせる。好みで七味唐辛子をふっていただく。