いかの昆布焼き
NHK「みんなのきょうの料理」
写真家: 白根 正治

枝元 なほみ

いかの昆布焼き

2人前 40分 55kcal/人
昆布の甘みといかの強いうまみがベストマッチ!新鮮ないかを使って、ワタも一緒にいただきます。

材料(2人分)

するめいか(小)
1ぱい
昆布(12×18cm)
2枚
梅干し
1個
細ねぎ(10cm長さに切る)
適量
しょうが(小)
1かけ
しょうゆ

作り方

  1. いかは胴から足をワタごと引き抜き、軟骨を除く。足とワタは切り離し、足は食べやすい大きさに切り、ワタは塩小さじ1/4をふる。胴はエンペラを取って皮をむく。
  2. 昆布1枚の片面に酒適量を塗り広げ、(1)のワタ、足、胴をのせる。もう1枚にも同様に酒を塗って上にかぶせ、バットなどで軽くおもしをして20分間以上おく。いかは皮をむき、昆布でしめておくと、よく味が入る。
  3. 胴は1.5cm幅の輪切りにする。昆布を、フライパンに2枚並べられる大きさに切ってフライパンに敷き、いかの胴と足をそれぞれの昆布にのせる。切れ端の昆布にワタをのせて同様に置く。
  4. 鍋肌から酒大さじ2を入れ、ふたをして強火にかける。蒸気が上がってきたら弱めの中火にし、2分30秒間ほど加熱して、昆布ごと胴と足を器に盛る。ワタは様子を見て、火が通るまで蒸し焼きにする。1人分ずつを昆布にのせ、ワタも別の昆布にのせて火を通す。
  5. いかに細ねぎを飾る。梅干しは種を除いて包丁でたたき、薄皮を除いたワタとあえ、しょうがじょうゆとともに添える。

「献立考える、食材を買う」
を1分で。