しし唐辛子とツナのおかか和え
ボブとアンジー

ボブとアンジー

しし唐辛子とツナのおかか和え

4人前 15分 114kcal/人
しし唐辛子はビタミンC、β-カロテンが豊富で、油料理との相性もよく、炒め物、揚げ物など、様々な料理に活用できます。そのまま熱を加えると破裂しやすいので、油を使用するときは包丁で切り込みを入れておくことをお勧めします。

材料(4人分)

しし唐辛子
16本
ツナ(缶詰)
100g
しめじ
1/2パック
サラダ油
大さじ1/2
少々
こしょう
少々
削り節
5g
しょうゆ
大さじ1
みりん
大さじ1/2
小さじ2

作り方

  1. しし唐辛子はヘタを切り落とし、包丁の先で切り目を入れ、フライパンで香ばしく素焼きにし、一度お皿に取り出します。同じフライパンに、ツナは汁ごと入れて弱火でじっくり炒り上げます。水分が少なくなってきたら、塩、こしょうをしてフライパンから取り出します。
  2. 削り節はフライパンで乾煎りしたら取り出し、軽くもんでおきます。しめじは石突きを取って小房にほぐし、フライパンにサラダ油を熱し強火でサッと炒め、塩、こしょうで味を付けます。
  3. ボウルに(1)のしし唐辛子とツナ、(2)のしめじを合わせます。熱いうちに調味料のしょうゆ、みりん、酢を合わせます。
  4. (3)を器に盛り、(2)の削り節をふりかけます。

「献立考える、食材を買う」
を1分で。