鯛の箱ずし
ボブとアンジー

ボブとアンジー

鯛の箱ずし

2人前 60分 284kcal/人
鯛はビタミンB1が多く、疲労回復に効果的です。ビタミンB1は糖質の代謝を助けますが、この働きがうまくいかないと、脳や神経にエネルギーが届かなくなり、イライラして集中力がなくなります。

材料(2人分)

鯛(刺身用)上身
100g
少々
少々
(すし飯)
 米
3合
 だし汁(昆布)
適量
 酒
大さじ1
(A)
 米酢
60ml
 砂糖
30g
 塩
9g
(しいたけの甘煮)
 干ししいたけ(戻したもの)
30g
(B)
 干ししいたけの戻し汁
40ml
 砂糖
大さじ1/2
 しょうゆ
大さじ1/2
 みりん
少々
しょうがの甘酢漬け
10g
木の芽
6枚
しょうゆ
適宜

作り方

  1. すし飯を作ります。米はだし汁で水加減して浸水させ、酒を加えて炊きます。米が炊き上がれば(A)の合わせ酢を加えて混ぜ、冷まします。
  2. しいたけの甘煮を作ります。干ししいたけは水で戻して石突きを取り、(B)で煮含め、汁気を切ってみじん切りにします。
  3. 鯛は薄造りにして軽く塩をし、しばらくおきます。水気をふき、酢にくぐらせます。
  4. 箱ずしの型を水で湿らせてラップを敷き、(3)を並べます。木の芽をおき、すし飯の半量を詰めて、しいたけの甘煮を散らし、残りのすし飯を詰めて押します。
  5. 食べやすいサイズに切り、あれば葉らんの上に盛り付け、しょうがの甘酢漬けを添えます。お好みでしょうゆをつけます。 ※すし飯は作りやすい分量約1kg分で表示しています((A)合わせ酢も約1kg分です)。仕上がりの約1/4(220g)をこのレシピで使っています。

「献立考える、食材を買う」
を1分で。