いわしずし(2種)
ボブとアンジー

ボブとアンジー

いわしずし(2種)

4人前 60分 527kcal/人
いわしはEPAやDHAなどの不飽和脂肪酸を多く含み、血行を促進して冷え性改善に役立ちます。しょうがにも代謝を高める作用があるとされていますので、血行促進にいっそう効果的な組み合わせです。

材料(4人分)

真いわし
20尾
(A)
 酢
1/2カップ
 砂糖
25g
 塩
大さじ1/2
すし飯
480g
1と1/2合
昆布(5cm角)
1枚
(B)
 酢
30ml
 砂糖
大さじ1と1/2
 塩
小さじ1/2
きゅうり
2本
キャベツ(葉)
3枚
大さじ3
しょうが
10g
三つ葉
8本
はじかみしょうが(甘酢漬け)
4本
しょうゆ
適量
適量
練りわさび
少々

作り方

  1. 真いわしは手開きし、腹骨と背びれを取って塩をふり、約20分間置いて身をしめます。
  2. すし飯を作ります。米は少なめの水加減(または炊飯器のすし飯の分量)で、昆布を入れて炊きます。炊き上がったらすぐに飯台または、ボウルに取り出し、(B)を回しかけます。ご飯が合わせ酢を吸ったら、すぐにご飯を広げ、うちわであおぎながら切るように混ぜます。
  3. (1)を(A)に8分ほど漬けて、取り出します。
  4. きゅうりは小口から薄く輪切りに、キャベツは2cmの角切りにして、ともに塩もみし、しんなりすれば水を加えてしばらく置き、紋ります。しょうがを細切りにして混ぜます。
  5. すし飯をピンポン玉大に丸め、(3)に練りわさびを塗ってのせ、にぎりずしにします。
  6. (3)をピンポン玉大に丸め、(3)をのせ、ゆでた三つ葉で真ん中を結びます。
  7. (5)(6)の2種のにぎりずしを器に盛り、はじかみしょうがとしょうゆを添えます。