鯛の白みそマヨのせ焼き 蒸しキャベツ添え
写真家: マルコメ

マルコメ

鯛の白みそマヨのせ焼き 蒸しキャベツ添え

2人前 20分 312kcal/人
ほくほくの身と、カリカリの皮の食感の違いをお楽しみ下さい。鯛は、まず裏面をしっかり七分焼きして、裏返してから表面に白みそマヨをたっぷり塗って焼いていきます。鯛はサワラやスズキなどでも代用できます。キャベツには、パセリを混ぜたり、春は旬の木の芽を加えると香りが増します。

材料(2人分)

2切れ
キャベツ(ざく切り)
140g
セロリの葉(せん切り)
適宜
(a)
 白みそ
大さじ2強
 マヨネーズ
大さじ2
 酢
小さじ2
 オリーブオイル
小さじ2
 塩・こしょう
適宜
 からし
適宜
 食塩
適宜

作り方

  1. (a)を混ぜ合わせておく。
  2. 鯛の表面に食塩をふり、魚焼きグリルで皮目を下にして焼き、焼き色がついたら裏返して皮目に[1]を均一に塗り、再びグリルでこんがりと焼き色がつくまで焼く。
  3. キャベツは蒸して水気を切ってボウルに入れ、熱いうちに(b)を加えて和え、塩・こしょうで味を調えセロリの葉も混ぜ合わせる。
  4. 皿に[3]を盛り、[2]を乗せる。お好みでからしを添える。

「献立考える、食材を買う」
を1分で。