鯛のお刺身ずんだ和え
ボブとアンジー

ボブとアンジー

鯛のお刺身ずんだ和え

2人前 15分 100kcal/人
えだ豆に含まれるビタミンB1は糖質の代謝を助けて疲労物質をとるといった働きに加え、ビタミンCやB1、メチオニンにはアルコールの分解作用がありますので、アルコールと一緒に食べるお料理として最適です。鯛と合わせることで良質なたんぱく質もとれ、低カロリーの食事にもなりますので、二日酔いなどにもお勧めです。

材料(2人分)

鯛(刺身用)
1/2切れ
みょうが
1個
えだ豆(むき実)
50g
白みそ
大さじ1/2
みりん
大さじ1/2
少々
青じそ
4枚

作り方

  1. 鯛の身を1cm程度の角切りに、みょうがは千切りにします。 ※白身のお刺身だけでなく、ぶりやかんぱち、えび、いか、たこなどでもできます。
  2. えだ豆をすり鉢、またはフードプロセッサーで粗く潰します。無い場合は、袋に入れて棒でたたいてもできます。
  3. (2)に白みそとみりんを加えて混ぜ、(1)鯛の身を加えて塩で味を調えます。
  4. 青じそとみょうがを添えて盛り付けます。 ※生のえだ豆を使う場合は、塩ゆでした100g(むき実)を用意して下さい。

「献立考える、食材を買う」
を1分で。