さわらの西京風マヨネーズ焼き
ボブとアンジー

ボブとアンジー

さわらの西京風マヨネーズ焼き

4人前 60分 163kcal/人
さわらはDHA、カリウム、ビタミンB2が豊富で字の通り春に一番おいしい魚です。みそとの相性も抜群でお互いの味を引き立てます。マヨネーズを加える事でさらに味にコクが出てご飯がすすむ一品です。

材料(4人分)

さわら(切り身)
2切れ(160g)
少々
こしょう
少々
(調味料)
 白みそ
30g
 酒
大さじ1/2
 みりん
大さじ1
 薄口しょうゆ
小さじ1
マヨネーズ
30g
パン粉
大さじ2
青のり粉
小さじ2
紅しょうが
15g

作り方

  1. さわらは縦半分に切って4切れにし、塩、こしょうで下味を付けます。
  2. ボウルに調味料を合わせ、1/3の量だけ取り分けておきます。バットに(1)のさわらを置き、調味料をまんべんなくまぶし付けます。ラップをして冷蔵庫に保管します。※ここまでは前日の下準備です。
  3. グリルを中火で予熱し、(2)のさわらの漬け汁をサッとふいてから焼きます。途中、残しておいた1/3量の調味料にマヨネーズを混ぜたものをのせ、弱火にして焼きます。仕上げにパン粉と青のり粉をふり、サッと焼きます。器に盛り付け、紅しょうがを添えます。