ゴーヤーときのこの梅肉ソース和え
ボブとアンジー

ボブとアンジー

ゴーヤーときのこの梅肉ソース和え

4人前 15分 71kcal/人
梅干しの酸っぱさは、豊富に含まれている有機酸によるものです。有機酸は唾液や消化液の分泌を促して、食欲増進に働きます。ゴーヤーに豊富なビタミンCは免疫力の向上に役立ちますので、夏風邪予防によいメニューです。

材料(4人分)

ゴーヤー
1本
えのきたけ
1/3袋
しめじ
1/3パック
1カップ
梅干し
2個
しょうゆ
少々
みりん
小さじ1
削り節
適宜

作り方

  1. ゴーヤーは縦半分に切り、種とわたをスプーンでくりぬきます。端から2mm幅ぐらいの薄切りにし、サッとゆでた後、ザルにあげて冷まします。
  2. えのきたけは石突きを切り落とし、3cmの長さに切り、根元はほぐしておきます。しめじも石突きを切り落とし、小房に分け、大きいものはえのきたけと大きさを揃えるように切り分けます。
  3. 鍋に(2)のえのきたけ、しめじ、酒を入れて炒り、しんなりしたら皿に取り出して冷まします。
  4. 梅干しは種を取り、包丁で細かくなるまでたたきます。梅干しにしょうゆ、みりんを加えて梅肉ソースを作ります。
  5. (3)のえのきたけとしめじに(4)の梅肉ソースを和えます。
  6. (1)のゴーヤーの水気を絞って器に盛り、(5)のえのきたけとしめじを上からかけます。最後に削り節をふりかけます。