とうがんとセロリのきんぴら
ボブとアンジー

ボブとアンジー

とうがんとセロリのきんぴら

2人前 10分 58kcal/人
とうがんは豊富なカリウムに利尿作用があり、水分を排出する働きを高めてむくみ改善に最適です。その上、ビタミンCも多く、カロリーが低く、食物繊維は水溶性と不溶性のバランスがよい為、便秘解消の効果もある、女性に嬉しい食材です。セロリにはピラジンという香り成分があり、血流を良くしてくれるので、冷え性改善や、新陳代謝の活性、疲労回復、免疫力アップになり、とうがんの身体を冷やす性質を補うことができます。また、豊富なビタミンEが末端血管の拡張を促すので、冷え性改善にも効果的です。

材料(2人分)

とうがん(皮に近い部分)
100g(正味)
セロリ
50g
大さじ1
砂糖
小さじ1
薄口しょうゆ
小さじ1
ごま油
小さじ1
ごま(白)
小さじ1

作り方

  1. とうがんの表面にある、かたく薄い層をスプーンや包丁で表面だけ削り落とします。表面から2mm程度の厚さにむき、3cmの長さの千切りにします。※この皮に近い部分のみを使用します。
  2. セロリは繊維を断ち切るように薄切りにします。
  3. フライパンにごま油をひき、温めてからとうがん、セロリを加えて炒めます。
  4. 水分がとんだら砂糖を加えてサッと炒め、出てきた水分をさらにとばします。
  5. 酒を加えて、また、水分がとぶまで混ぜながら炒めます。
  6. とうがんとセロリをフライパンの隅に寄せ、あいたところに薄口しょうゆを加えて煮詰め、焦がしじょうゆにしてから、全体を素早く混ぜ合わせます。
  7. ごまをふり入れてサッと混ぜ、盛り付けます。
関連するレシピ

「献立考える、食材を買う」
を1分で。