かじきの照り焼き
NHK「みんなのきょうの料理」
写真家: 野口 健志

料理家 河野 雅子

かじきの照り焼き

料理家 河野 雅子

2人前 15分 240kcal/人
和食の定番、切り身魚の照り焼き。淡泊な味わいのかじきに、風味のよい野菜をたっぷり添えて、味わいも香りも豊かに。

材料(2人分)

かじき(切り身)
2切れ(200g)
貝割れ菜
1/2パック(40g)
みょうが
1個
しょうが
5g
A
 酒
大さじ2
 しょうゆ
大さじ2
 砂糖
大さじ1
 みりん
大さじ1
サラダ油
小さじ2

作り方

  1. 貝割れ菜は根元を切り落とし、長さを半分に切る。みょうがは縦半分に切り、斜め薄切りにする。しょうがはせん切りにする。以上を冷水に2~3分間さらし、水けをきる。【A】を混ぜ合わせておく。野菜は水にさらすと、辛みがまろやかになり、水けを吸ってパリッとする。長時間さらすと風味がなくなるので注意。
  2. フライパンにサラダ油を中火で熱し、かじきを並べ入れる。焼き色がついたら返し、薄く焼き色がつくまで焼く。余分な油を拭き、混ぜておいた【A】を回し入れる。味をからめながら、たれが1/3量ぐらいになるまで煮詰める。かじきを焼いたら、ペーパータオルで油を拭いてからたれを入れると、味がすっきりする。たれを煮詰めながら、かじきを返してからめる。何度も返すとかじきがくずれるので、1~2回を目安に。
  3. 器に(2)を盛り、フライパンに残ったたれをかけ、(1)の野菜を添える。
関連するレシピ