かつおの塩たたき
NHK「みんなのきょうの料理」
写真家: 内藤 貞保

大原 千鶴

かつおの塩たたき

料理家

大原 千鶴

4人前 15分 130kcal/人
初夏の味覚の代表格といえば「かつお」。定番のたたきにして、赤身のおいしさを堪能します。手づくりならではの、しっとりとした食感が贅沢です。

材料(4人分)

かつお(刺身用/皮付き)
1節(400~500g)
たまねぎ
適量
紫たまねぎ
適量
青じそ
適量
すだち
適宜
練りがらし
少々
小さじ1/2

作り方

  1. かつおは皮の堅い部分があればそいで、金串を中央と両端に扇状に3か所刺す。塩を全体にふり、手でなじませる。
  2. かつおを直火(じかび)であぶる。皮側は少し焼き目がつくくらい、身のほうは表面が白くなるくらいが目安。
  3. かつおから串を抜き、1cm厚さに切る。たまねぎ、紫たまねぎは水に放し、水けをきり、青じそとともに皿に盛り、かつおを盛りつける。好みですだちを搾ってかけ、練りがらしをつけてたまねぎなどと一緒に食べる。身にも塩をふってあるので、しょうゆをつけずに食べるのがおすすめ。