さわらの粕漬け焼き
ボブとアンジー

ボブとアンジー

さわらの粕漬け焼き

2人前 60分 168kcal/人
さわらには、良質のたんぱく質、ビタミンB2、DHAやEPAといった血液をサラサラにし、生活習慣病を予防する効果が期待できる脂肪酸が多く含まれています。また、カリウムを多く含みますのでむくみ解消に効果が期待できます。酒粕には、ビタミンB1、B2が豊富に含まれていますので美肌効果の高い組み合わせです。

材料(2人分)

さわら
2切れ
小さじ1
(A)
 酒粕
100g
 みりん
大さじ1
 砂糖
小さじ1と1/2
 塩
小さじ1と1/2
しし唐辛子
6本
サラダ油
小さじ1

作り方

  1. 粕床を作ります。酒粕は手で1cm角程度にちぎってボウルに入れ、かぶるくらいの熱湯(分量外)を注いで10分置き、水気を切ります。(A)のみりん、砂糖、塩を加えて泡立て器でよく混ぜ合わせます。
  2. さわらに塩をふり、10分置いてキッチンペーパーで水気をふき取ります。バットにさわらを並べ、(1)の粕床を全体に塗り、ラップをかぶせて冷蔵庫で3日以上寝かせます。※2週間程度日持ちします。
  3. しし唐辛子は、ヘタを切り落とし、つまようじで穴をあけておきます。
  4. さわらについた粕床を水で湿らせたキッチンペーパーでしっかりふき取ります。
  5. フライパンにサラダ油を弱火で熱し、さわらを並べて焼き、焼き目がついたら裏返します。しし唐辛子も加え、ふたをしてさらに5分焼き、器に盛ります。

「献立考える、食材を買う」
を1分で。