水餃子
ボブとアンジー
4人前 45分 248kcal/人
豚肉は糖質代謝に働くビタミンB1、にらはビタミンB1の吸収を助けるアリシンを含み、スタミナアップに役立つ組み合わせです。また、えびに含まれるタウリンは、肝臓の働きを助けるので、いっそう効果が期待できるメニューです。

材料(4人分)

豚ひき肉
100g
むきえび
100g
キャベツ
100g
にら
1/2束
長ねぎ
1/2本
しょうが(おろし)
小さじ1
少々
こしょう
少々
しょうゆ
大さじ1
ごま油
小さじ2
片栗粉
大さじ1
餃子の皮
24枚
(つけだれ)
 ぽん酢しょうゆ
1/2カップ
 酢
大さじ1
 ラー油
適量
青ねぎ
適量
子どもメモ:つけだれは、酸味の強い酢と刺激物となるラー油を除く。

作り方

  1. むきえびは塩を少し入れた水で洗い、水気を切ってから、包丁でやや細かくたたきます。キャベツはみじん切りにしてから塩でもみ、5分くらい置いてから水気を絞ります。にらは細かく刻み、長ねぎはみじん切りにします。
  2. ボウルに豚ひき肉、えびを合わせます。しっかり練ってねばりが出るまで混ぜ合わせます。キャベツ、にら、長ねぎ、しょうがを入れ、しっかり合わせて塩、こしょう、しょうゆ、ごま油、片栗粉を加えて練り合わせておきます。
  3. 餃子の皮に(2)をのせて包み、たっぷりの熱湯を沸かし、泳がすようにゆでます。餃子が浮いてきたら差し水(1カップ)をし、弱火にして再び餃子が浮かんでくるまでゆでます。つけだれの調味料を合わせておきます。
  4. 餃子を網じゃくしですくい、器に盛ります。小口切りにした青ねぎを散らし、つけだれを添えます。