えびと卵のきぬた巻き
ボブとアンジー

ボブとアンジー

えびと卵のきぬた巻き

4人前 45分 89kcal/人
りんごにはクエン酸やリンゴ酸といった有機酸が多く含まれ、胃腸の働きをよくしてくれます。大根やかいわれ菜にも消化を助けるジアスターゼという酵素が含まれています。なお、この酵素は熱によって失活しますので、生でとるのがお勧めです。

材料(4人分)

えび
8尾
少々
少々
1個
砂糖
小さじ1
少々
かいわれ菜
40g
大根
5cmの長さ
あさつき
8本
りんご
1/2個
(加減酢)
 酢
大さじ4と1/2
 薄口しょうゆ
小さじ1/2
 砂糖
大さじ1/2
 塩
少々
 だし汁
大さじ2と1/2

作り方

  1. えびは背わたを取って、のし串を打ち、酒、塩をふって、蒸し煮にし、冷めれば、串を抜いて殻を取ります。
  2. 溶き卵に砂糖、塩を加えて、5mm厚に焼き、冷めれば、えびと同じ長さの棒状に切ります。
  3. かいわれ菜はサッとゆでて、水気を切ります。
  4. 大根は桂むきにし、10cmの長さに切って塩をふり、しんなりとすれば、サッと洗って水気を切ります。
  5. 加減酢を合わせ、半量に(1)、(3)、(4)を漬けます。
  6. りんごは皮、芯を取ってすりおろし、残りの加減酢と合わせます。
  7. (5)のえび、かいわれ菜、(2)を芯にして、大根で巻き、サッと熱湯に通したあさつきで結びます。
  8. 器に(6)を少量敷き、(7)を並べ、残りの(6)をかけます。

「献立考える、食材を買う」
を1分で。