うな玉丼
ボブとアンジー

ボブとアンジー

うな玉丼

ボブとアンジー

2人前 15分 801kcal/人
うなぎは身体に吸収されやすい鉄分を多く含んでいますので、貧血やスタミナ不足になるのを防いでくれます。また、卵には吸収の良い鉄分や筋肉の疲れをとってくれる必須アミノ酸が含まれています。

材料(2人分)

ご飯(温かいもの)
丼2杯(400g)
うなぎの蒲焼き
1枚
3個
玉ねぎ
1個
青ねぎ
2本
(A)
 だし汁
1カップ
 しょうゆ
大さじ3
 みりん
大さじ2
 酒
大さじ1
 砂糖
大さじ1

作り方

  1. うなぎの蒲焼きは1cm幅に切り、さらに半分に切ります。玉ねぎは薄切りにします。青ねぎは小口切りにします。卵は溶きほぐしておきます。
  2. フライパンに(A)を入れて煮立て、(1)の玉ねぎを加えてアクを取りながら5分程度煮ます。
  3. (2)のフライパンに(1)のうなぎの蒲焼きを加えて煮立て、(1)のとき卵をフライパンの中心から円を描くように流し入れ、ふたをして卵が半熟状になるまで煮ます。
  4. 丼にご飯を入れ、(3)をのせて青ねぎを散らします。