いわしの梅煮
NHK「みんなのきょうの料理」
写真家: 野口 健志

料理家 大庭 英子

いわしの梅煮

料理家 大庭 英子

2人前 50分 330kcal/人
脂ののったいわしは、梅干しを加えて煮ると独特のくせが出にくくなり、さっぱりします。しょうがは太めに切って歯ごたえを楽しみます。

材料(2人分)

いわし
6匹(600g)
梅干し
3個(50g)
しょうが(大)
1かけ
 酒
1/2カップ
 みりん
大さじ3
 しょうゆ
大さじ2

作り方

  1. まな板に新聞紙などを敷いていわしを置く。尾から頭に向けて包丁でこすってウロコを除き、胸ビレごと頭を切り落とす。
  2. 腹の部分を斜めに切り落とし、包丁の先で内臓をかき出す。頭と内臓は新聞紙などに包んで捨てる。
  3. 水の中でいわしを洗う。腹の中を指でこすって内臓の残りや血をよく洗い落とす。水ですすぎ、ペーパータオルで水けを拭く。腹の中もしっかり拭く。長さを半分に切る。
  4. 梅干しは手で種を出し、身は軽くつぶす。種も使うのでとっておく。
  5. しょうがはよく洗って皮をむき、5mm幅の棒状に切る。皮はとっておく。
  6. 鍋にいわしを並べ入れ、しょうが、しょうがの皮、梅干し、種を加える。
  7. 水カップ1/2、【A】を入れて中火にかける。煮立ったら弱火にしてふたをし、約30分間煮る。途中で時々煮汁をかける。しょうがの皮、梅干しの種を除いて盛り付ける。
関連するレシピ