鮭とちくわのいなりずし
ボブとアンジー

ボブとアンジー

鮭とちくわのいなりずし

4人前 60分 609kcal/人
鮭にはカルシウムやリンの働きを助けて、骨や歯を丈夫にするビタミンDが多く含まれています。カルシウムが豊富な油揚げとの組み合わせによって、高い効果が期待できます。

材料(4人分)

油揚げ
8枚
(A)
 酒
大さじ1
 みりん
大さじ1
 砂糖
30g
 しょうゆ
大さじ2
 水
300ml
2合
昆布
5cm角
(合わせ酢)
 酢
50ml
 砂糖
大さじ2
 塩
小さじ1
鮭フレーク(市販)
大さじ6
ちくわ
2本
きゅうり
1本
刻みねぎ
大さじ3
ごま(白)
大さじ2
かいわれ菜
少々
焼きのり
全形1枚

作り方

  1. このレシピは子どもでもチャレンジできるレシピです。 油揚げは半分に切り、開きやすくなるように菜箸をコロコロと転がします。鍋に湯を沸かし、油揚げを入れて油抜きをします。ザルにあげて、粗熱が取れたら水気を絞ります。
  2. 鍋に(A)の調味料を入れて火にかけます。沸騰してきたら(1)の油揚げを入れ、落としぶたをして煮汁がほぼ無くなるまで煮ます。煮上がったら、鍋の中でそのまま冷まします。
  3. 米をとぎ、炊飯器に水と昆布を入れて炊きます。合わせ酢の材料はよく混ぜ合わせておきます。
  4. ちくわは縦半分に切ってから薄切りにします。きゅうりは塩(小さじ1/2・分量外)をまぶしつけて、まな板の上で転がします。縦半分に切り、薄切りにしたら、ザルに入れておきます。
  5. (3)のご飯が炊き上がったら昆布を取り除き、ぬれふきんで湿らせたすし桶にあけます。合わせ酢を回しかけ、ご飯を手早く切るように混ぜ、うちわであおぎながら冷まします。
  6. (5)のすし桶に鮭フレーク、ちくわ、水気をギュッと絞ったきゅうり、刻みねぎ、ごまを加えてサックリと混ぜ、16等分にして俵形にまとめます。焼きのりは16本分に切ります。
  7. (2)の油揚げは汁気を軽く絞って袋状にし、(6)のすし飯を詰めて形を整えます。半分の長さに切ったかいわれ菜をのせ、1~2cm幅に切った焼きのりで留めます。

「献立考える、食材を買う」
を1分で。