梅物相ずしの2種
ボブとアンジー

ボブとアンジー

梅物相ずしの2種

4人前 60分 613kcal/人
お酢には唾液の分泌を促して食欲を増進したり、消化を助ける働きや、殺菌作用で腐りにくくする働きがあるとされています。

材料(4人分)

3合
大さじ1と1/2
だし汁(昆布)
約630ml
(合わせ酢)
 酢
70ml
 砂糖
25g
 塩
小さじ1と1/2
 うま味調味料
少々
梅干し
大2個
ごま(白)
大さじ2
青じそ
10枚
1個
(A)
 酢
少々
 砂糖
少々
干ししいたけ
3枚
(B)
 だし汁(干ししいたけ)
150ml
 砂糖
大さじ2
 しょうゆ
大さじ1と1/2
れんこん
100g
(甘酢)
 酢
100ml
 砂糖
大さじ4
三つ葉
1/2束
きゅうり
1/2本
いくら
大さじ2

作り方

  1. 米は洗って水気を切り、炊飯がまに入れ、酒を加え、だし汁で水加減して、約30分間浸漬させ、炊きます。
  2. 合わせ酢の調味料は早めに合わせ、半分ずつに分けておきます。
  3. 梅干しは種を取って裏ごしし、(2)の半量に加えます。
  4. (1)の半量に(3)を木じゃくしに受けながら、全体にかけ、合わせ酢が全体になじむように混ぜ、ピンク色にします。
  5. 残りの(1)に、残りの(2)を、(4)と同様にして混ぜ合わせます。
  6. (4)、(5)はうちわであおいで冷まし、ツヤを出します。
  7. ごまは炒って粗みじんに切り、青じそは千切りにします。
  8. 卵はゆでて黄身を取り出し、(A)を合わせて炒ります。
  9. 干ししいたけは戻して、(B)でうま煮にし、水気を切ってみじん切りにします。
  10. れんこんはいちょう切りにし、サッとゆでて甘酢に漬け、三つ葉は2cmの長さに切ります。
  11. きゅうりは薄い輪切りにします。
  12. (4)のすし飯(ピンク色)には(7)のごま、青じそを混ぜ、物相型で抜き、(8)の黄身を飾ります。
  13. (5)のすし飯には(9)の干ししいたけ、(10)のれんこんと三つ葉を混ぜ、物相型で抜き、(11)のきゅうりといくらを飾ります。