まぐろの梅照り焼き
ボブとアンジー

ボブとアンジー

まぐろの梅照り焼き

2人前 10分 151kcal/人
まぐろは、良質のたんぱく質と不飽和脂肪酸のDHAやEPA、鉄、タウリン、ビタミンEなどを豊富に含んでおり、血液をサラサラにし、動脈硬化、高血圧の予防と改善に役立ちます。梅酒に多く含まれているクエン酸にも中性脂肪を下げ、血流改善効果があるため、様々な生活習慣病予防に適する主食として楽しめます。また、クエン酸には、疲れの原因となる乳酸を分解し、エネルギー代謝を活発にする働きがあり、疲労回復効果があると言われています。ちなみに、梅酒に含まれているクエン酸の含有率は、レモンの15倍、梅干しの6倍もあります。

材料(2人分)

まぐろ(柵またはスライス)
120g
玉ねぎ
120g
青唐辛子
30g
少々
こしょう
少々
サラダ油
小さじ1
梅酒
大さじ3
しょうゆ
大さじ1

作り方

  1. 柵のまぐろはひと口サイズに切り、スライスならそのままで、塩とこしょうをふり、もみ込んでおきます。表面が少しねっとりしてくるまでもむことで、加熱しても水分が逃げにくく、ぱさつきにくくなります。後で照り焼きのたれをからめるのでごく少量にしてください。
  2. フライパンにサラダ油をひいて、まぐろの表面を表裏サッと焼き、取り出します。青唐辛子もサッと焼いて火を通しておきます。
  3. 梅酒、しょうゆをフライパンに入れてとろみが付くまで煮詰め、まぐろを戻し入れてからめます。焼き過ぎないように、片面30秒を目安にしてください。まぐろを盛り付け、煮詰まったたれに青唐辛子をからめて盛り付けます。フライパンにスライスした玉ねぎを入れ、残ったたれでしんなりするまで炒めて盛り付けます。