かぶと豆腐の湯葉あんかけ
ボブとアンジー

ボブとアンジー

かぶと豆腐の湯葉あんかけ

2人前 25分 161kcal/人
豆腐の良質たんぱく質や、やわらかく煮たかぶは、弱った胃腸でも負担なく消化できます。あんかけにすることで温かいまま摂取でき、身体を芯から温めてくれ、煮汁に出た栄養素も逃さず食べることができます。かぶの消化促進効果により胃腸の改善を計りながら、かぶに豊富なビタミンCで風邪予防も期待できます。

材料(2人分)

かぶ
1個
かぶの葉
40g
絹ごし豆腐
150g
キャベツ
40g
にんじん
40g
湯葉(乾燥)
3g
だし汁(昆布)
2と1/2カップ
みりん
1/3カップ
薄口しょうゆ
大さじ1と1/3
(水溶き片栗粉)
 片栗粉
大さじ1
 だし汁(昆布)
大さじ1

作り方

  1. かぶの皮を厚くむき、4等分にくし形切りにします。
  2. かぶの葉は塩ゆでして3cmの長さに切ります。
  3. キャベツ、にんじんは3cmの千切りにします。
  4. 湯葉は水で戻し、3cmの千切りにします。
  5. 豆腐はひと口サイズに切っておきます。
  6. かぶをだし汁(2.5カップ)で10分ほど炊き、キャベツ、にんじん、みりんを加えてさらに5分煮、薄口しょうゆを加えます。
  7. 豆腐、湯葉を加えて温めたら、水溶き片栗粉でとろみを付けて、ゆがいたかぶの葉を添えて盛り付けます。