鹿ヶ谷かぼちゃとたこのフリッター
ボブとアンジー

ボブとアンジー

鹿ヶ谷かぼちゃとたこのフリッター

2人前 15分 390kcal/人
鹿ヶ谷かぼちゃには抗酸化ビタミンと言われているビタミンC、血液循環をよくするビタミンE、βカロテンが豊富です。脂溶性のビタミンE、β-カロテンは、油とともに摂取することで吸収率が上がります。同様に抗酸化作用があるたこは、ビタミンEの他、肌の健康を保つ亜鉛、貧血を改善する鉄分も含まれます。またナイアシンは、冷え性改善に効果的です。たこに豊富なビタミンB2は別名「美容のビタミン」「発育のビタミン」とも呼ばれます。肌の構成成分であるタンパク質の合成を助け、肌細胞の生まれ変わりによる健康的な肌や髪、爪の発育へと働きかけてくれます。積極的に取り入れたいアンチエイジングレシピです。

材料(2人分)

鹿ヶ谷かぼちゃ
100g
ズッキーニ
100g
たこ
60g
バジル
6g
小麦粉
大さじ6
片栗粉
大さじ1
ガス(炭酸)入りミネラルウォーター
1/4カップ
少々
揚げ油
適量

作り方

  1. 鹿ヶ谷かぼちゃをひと口サイズに切ります。皮もやわらかく食べられるので皮はむかずに使います。
  2. ズッキーニはひと口サイズの輪切りに、たこもひと口サイズに切ります。
  3. ガス入りミネラルウォーターに小麦粉、片栗粉を加えてサックリと混ぜ、衣を作ります。ポイントは衣を練りすぎないこと。どろどろになってしまったら衣が重くなってしまうので、ガス入りミネラルウォーターと小麦粉を少し加えて衣を復活させてください。
  4. 170℃の揚げ油で衣をつけて具を揚げます。かぼちゃ、ズッキーニは2分程度、たこは1分程度、バジルは30秒程度が目安です。揚げたときの泡が大きくなり、少し泡が収まってきた時が、芯まで火が通った合図、引き上げのタイミングです。青じその天ぷらのように、バジルを切らずにフリッターにすると香りが楽しめ、見栄えもよく口直しに最適です。
  5. 塩をふって盛り付けます。 ※鹿ヶ谷かぼちゃが無ければ、普通のかぼちゃで代用できます。