五目ちらしずし
ボブとアンジー

ボブとアンジー

五目ちらしずし

ボブとアンジー

4人前 60分 411kcal/人
すし飯に使うお酢に含まれるクエン酸は疲労の原因物質や、肩こりなどの原因ともなる乳酸のもとを分解する働きがあります。また食欲増進効果があるので、疲れたときのスタミナアップメニューとしてもお勧めです。

材料(4人分)

(すし飯)
 米
2合
 昆布
3cm
(A)
 酢
大さじ3
 砂糖
大さじ2
 塩
小さじ1弱
(かんぴょうとしいたけ煮)
 かんぴょう(乾燥)
15g
 干ししいたけ
3枚
 砂糖
大さじ1と2/3
 しょうゆ
大さじ1
 だし汁(または干ししいたけの戻し汁)
250ml
(花れんこん)
 れんこん
50g
(B)
 砂糖
小さじ2
 酢
小さじ2
 塩
少々
 水
大さじ1と1/2
(錦糸卵)
 卵
2個
 砂糖
大さじ1/2
 塩
少々
 サラダ油
適宜
えび
12尾
(C)
 塩
少々
 酢
少々
 砂糖
少々
あなご(焼き)
1枚
さやえんどう
8枚

作り方

  1. 米は洗って水、昆布を加えて30分間浸漬させます。水加減し、昆布を入れて炊きます。炊き上がったらすぐにボウルに取り出し、(A)のすし酢を回しかけ、すし飯を作ります。
  2. 干ししいたけは水で戻し、かんぴょうは水でサッと洗って塩(分量外)もみをした後、水洗いし、さらに水をかえて戻します。だしでやわらかくなるまで煮、砂糖、しょうゆを加えて汁気が無くなるまで煮ます。かんぴょうは1cmの長さに切り、しいたけは2等分に切ってから薄切りにします。
  3. れんこんは花形にむき、2~3mmの厚さに切ります。酢(分量外)を加えたお湯でゆで、(B)に漬けます。
  4. 卵を溶きほぐし、砂糖、塩を加え、こします。卵焼き器(またはフライパン)を熱し、サラダ油をひいて薄焼き卵を作り、千切りにして錦糸卵にします。
  5. えびは塩(分量外)ゆでし、殻をむき、(C)をふりかけます。
  6. あなごは食べやすい大きさに切り、端の部分は、刻んでご飯に混ぜる用にします。
  7. さやえんどうはゆでて、斜め2等分に切ります。
  8. (1)のすし飯が温かいうちに、(2)、あなごの切れ端を混ぜ、器に盛ります。錦糸卵を全体に盛り、れんこん、えび、あなご、さやえんどうを飾ります。
関連するレシピ