トマトと小あじの南蛮漬け
ボブとアンジー

ボブとアンジー

トマトと小あじの南蛮漬け

2人前 15分 364kcal/人
トマトに豊富なビタミンA、Cに加えて、良質なたんぱく質を含むあじを一緒に摂取することで、粘膜強化や美肌に、より効果的な一品になります。また、トマトに含まれるリコピンは加熱することで吸収しやすくなる為、活性酸素を除去し、老化防止の効果もより強く働きます。小あじでカルシウムも豊富に摂取でき、トマトの脂肪燃焼効果も認められているので、揚げものでも安心して食べられる、特に女性にはおすすめなレシピです。

材料(2人分)

小あじ
4尾
ミディトマト
6個
玉ねぎ
60g
甘長唐辛子
30g
にんじん
30g
(甘酢)
 だし汁(昆布)
3/4カップ
 酢
大さじ4
 砂糖
大さじ2
 塩
小さじ2
片栗粉
適量
揚げ油
適量

作り方

  1. 甘酢を作ります。酢、砂糖、塩を鍋で温めて溶かし、だし汁を加えます。※沸かしてしまうと酸味がとんでしまうので温める程度にしてください。
  2. 千切りにした玉ねぎ、甘長唐辛子、にんじんをフライパンで油をひかずに炒めてしんなりさせ、(1)に加えます。味をなじませるため、粗熱が取れるまで置いておきます。
  3. あじは頭と尾を落とし、内臓を取って塩をふり、塩をふってしばらく置いておきます。
  4. ミディトマトのヘタを取り、皮がめくれるまで170℃の油でサッと揚げ、(2)に漬け込みます。
  5. (3)のあじの水気をペーパータオルでふき取り、片栗粉をまぶします。170℃の油で2分揚げ、同じく(2)に漬け込みます。片栗粉を付けてから少し置いておくと、衣がはがれにくく、きれいに揚がります。
  6. 粗熱が取れれば味はもうなじんでいますが、よりしみ込ませたい方はひと晩冷蔵庫で寝かしてください。よく冷えた状態も美味しくおすすめです。 ※写真では京てまり(ミニトマトをやや大きくしたくらいの種の無い小型トマト)を使っています。京てまり以外にもミニトマトで代用ができます。

「献立考える、食材を買う」
を1分で。