白身魚のごぼうのみの揚げ
ボブとアンジー

ボブとアンジー

白身魚のごぼうのみの揚げ

4人前 25分 469kcal/人
ごぼうは食物繊維を多く含み、独特の歯ごたえが特徴の根菜です。可食部100g中に含まれる炭水化物の多くはイヌリンで、腎臓機能を高めると言われています。また、腸内でビフィズス菌の養分になるオリゴ糖も豊富です。

材料(4人分)

白身魚(さわらなど)
250g
少々
少々
ごぼう
1本
(衣)
 薄力粉
大さじ4
 卵白
1/3個
 冷水
大さじ2
 塩
少々
薄力粉
少々
レモン
1/2個
揚げ油
適量

作り方

  1. 白身魚は1.5~2cmの棒状に切り、酒、塩をふりかけます。
  2. ごぼうは大きめのささがきにして水にさらし、水気を切ります。
  3. 薄力粉、卵白、冷水、塩を合わせ、衣を作ります。
  4. (1)の水気をふいて薄力粉をまぶし、(3)の衣を付けて、全体に(2)を付けて、カラリと揚げます。
  5. 器に盛って、くし形レモンを添えます。

「献立考える、食材を買う」
を1分で。