鯛のハーブ塩がま焼き
ボブとアンジー

ボブとアンジー

鯛のハーブ塩がま焼き

4人前 45分 87kcal/人
魚には肉に比べてオメガ3と呼ばれる不飽和脂肪酸がバランスよく含まれ、LDL(悪玉)コレステロー ル値を下げる働きや、脳の活性に必要なDHAを作る材料にもなっています。また鯛には、造血に必 要なビタミン12も豊富に含まれています。

材料(4人分)

鯛(または白身の魚, 30cm大)
1尾
マジョラム
5本
タイム
5本
にんにく
1/2片
オリーブ油
大さじ1
(塩がま)
 粗塩
500g
 卵白
1個

作り方

  1. オーブンを220~230℃に予熱します。オーブンの天板にオーブンペーパーを敷きます。(オーブン ペーパーはそのまま皿に盛り付けられるように、縁を折っておくと良いです。)
  2. 鯛はうろこを取り、お腹を開いて内臓を取り出して、えらを取り除きます。お腹にマジョラムとタ イムを詰めます。
  3. にんにくを軽く潰します。フライパンにオリーブ油とにんにくを加えて熱し、香りが出たら、(2) の鯛の両面に焼き色を付けて取り出します。
  4. ボウルに粗塩を入れ、溶いた卵白を加えて、手で粗塩に混ぜ込むようにしてなじませます。1/4を オーブンペーパーの上にのせ、魚がのる大きさに広げます。
  5. (4)の塩の上に鯛をのせ(頭を左側にします)、上から残りの塩をかぶせながら、鯛全体が見えない ように形を整えます。下に敷いた塩と上からのせた塩がくっつくように側面もしっかり覆います。
  6. 予熱したオーブンに入れ、25分ほど焼きます。途中、焼き色を見て温度と時間を加減し、塩にうっ すら色が付いたら取り出します。
  7. 熱いうちに肉たたきなどの重いもので塩がまをたたいて割れ目を入れ、塩がまをはずし、お好みで オリーブ油(分量外)をつけていただきます。

「献立考える、食材を買う」
を1分で。