揚魚の南蛮酢漬け
ボブとアンジー

ボブとアンジー

揚魚の南蛮酢漬け

4人前 45分 409kcal/人
太刀魚はEPA、DHAを豊富に含んでいます。血液をサラサラにしてくれるEPAや、脳の働きを活性化するとされるDHAも多く含み、育ち盛りの子どもから動脈硬化が気になる中高年の方にもお勧めの食材です。

材料(4人分)

太刀魚
400g
適量
適量
薄力粉
適量
(南蛮酢)
 酢
大さじ5
 だし汁
大さじ5
 しょうゆ
大さじ3
 酒
大さじ3
 砂糖
大さじ1
 塩
少々
 赤唐辛子
1本
 小玉ねぎ(ペコロス)
2個
プリーツレタス
適量
揚げ油
適量

作り方

  1. 太刀魚は4~5cm幅に切り、両面に斜めの切り目を入れ、塩、酒をふります。
  2. (1)の水気を軽く切り、薄力粉をまぶして、170~180℃の揚げ油で揚げます。
  3. 南蛮酢の調味料をひと煮立ちさせ、小口切りの赤唐辛子、薄切りの小玉ねぎを加えます。
  4. (2)が熱いうちに、(3)に漬け込みます。
  5. 器にプリーツレタスを敷き、(4)を盛ります。

「献立考える、食材を買う」
を1分で。