聖護院かぶとヤーコンの酢豚
ボブとアンジー

ボブとアンジー

聖護院かぶとヤーコンの酢豚

4人前 25分 225kcal/人
かぶにはビタミンCが豊富で風邪予防に効果的です。葉も使うことで、カロテン・ビタミンC・鉄・カルシウム・カリウム・食物繊維などが摂取でき、より効果が期待できるでしょう。また、分解酵素アミラーゼ(ジアスターゼ)は、消化吸収を助けるなどの、整腸効果があり、揚げた豚肉とともに食べることで胃もたれせずに豚肉の栄養を効果的に吸収でき、豚肉のビタミンB1により疲労回復効果も期待できます。

材料(4人分)

豚肩ロース肉
2枚(200g)
聖護院かぶ
165g
ヤーコン
110g
かぶの葉
50g
(肉の下味)
 酒
大さじ1
 塩
小さじ1/3
 こしょう
少々
片栗粉
適量
(調味料)
 黒酢(バルサミコ酢でも)
大さじ3
 酒
大さじ2
 砂糖
大さじ2
 塩
小さじ1/2
サラダ油
適量

作り方

  1. 豚肉をひと口サイズに切り、袋に下味用の酒、塩、こしょうとともに入れてよくもみ、10分ほど置いてなじませます。
  2. かぶの皮はすじの部分を残して薄くむき、厚さ1cm程度のひと口サイズに切って、サッと炒めます。サッと炒めることで食感が楽しめます。
  3. ヤーコンは皮をむいて細切りにし、変色防止のため水にさらします。かぶの葉はヤーコンと同じ長さにざく切りにします。
  4. 豚肉を取り出し、漬けたれごと片栗粉をまぶし、たっぷりとからめ、数分置いておきなじませます。すぐに調理すると衣がはがれてしまうので1分でもよいので置いてなじませてください。
  5. (4)の豚肉を170℃の揚げ油でキツネ色になるまで揚げ、取り出しておきます。フライパンに多めの油をひいて表裏、揚げ焼きにしてもよいでしょう。
  6. フライパンに黒酢、酒、砂糖、塩を入れて加熱し、沸いたら豚肉、かぶ、ヤーコンを加えて強火で一気に炒めます。とろみがでたら、かぶの葉を加え、ひと混ぜしてできあがりです。 ※聖護院かぶが無ければ、普通のかぶでも代用できます。
関連するレシピ

「献立考える、食材を買う」
を1分で。