春キャベツと手羽元の煮物
ボブとアンジー

ボブとアンジー

春キャベツと手羽元の煮物

2人前 45分 300kcal/人
鶏手羽元などの骨付き肉には、骨のまわりにコラーゲンが多く含まれています。コラーゲンは皮膚を形成するのに不可欠な材料なので、鶏手羽元は美容に大変よい食材です。

材料(2人分)

春キャベツ
1/4玉(200g)
鶏肉(手羽元)
6本
サラダ油
大さじ1~1と1/2
(煮汁)
 だし汁
300ml
 酒
100ml
 みりん
大さじ2
 しょうゆ
大さじ2
練りからし
適宜

作り方

  1. キャベツは芯を付けたまま、大きめのくし形に切ります。鶏手羽元はきれいに洗って、水分をよくふき取っておきます。
  2. 鍋にサラダ油を熱し、鶏手羽元の表面にこんがり焼き色を付けます。余分な油をふき取った後、煮汁の材料を加え、落としぶたをし、ひと煮立ちさせます。その後弱火にして、アクを取りながらしばらく煮ます。
  3. 鶏手羽元に味がなじんだら、キャベツを加えてさらに煮ます。
  4. キャベツに火が通れば器に盛り付け、お好みで練りからしを添えます。