赤ワイン酢飯の牛丼
NHK「みんなのきょうの料理」
写真家: 野口 健志

秋山 能久

赤ワイン酢飯の牛丼

料理家

秋山 能久

4人前 15分 440kcal/人
牛肉と相性のよい赤ワインでご飯を炊いて、酢飯に。牛肉の甘辛味と芳じゅんな香りのご飯が、お互いの味を引き立てます。

材料(4人分)

赤ワインご飯
 米
360ml(2合)
 赤ワイン
適量
牛薄切り肉
200g
割り下
大さじ3
合わせ酢
 酢
大さじ4
 砂糖
大さじ1
 塩
小さじ1
貝割れ菜
適量

作り方

  1. 米は洗ってざるに上げ、ボウルに移してかぶるくらいの水を注ぎ、そのまま30分間おく。米をざるに上げて水けをきり、炊飯器の内釜に入れる。赤ワインを2合の目盛りまで注ぎ、普通に炊く。赤ワインで米を炊くと、アルコール分はとぶが、香りは残る。
  2. (1)を大きめのボウルに移し、混ぜた【合わせ酢】を回し入れる。しゃもじで切るように手早く混ぜ、人肌くらいになるまで冷ます。貝割れ菜は根元を切り落とし、長さを2~3等分に切る。合わせ酢を混ぜて酢飯にすることで、赤ワインの香りが一層引き立つ。
  3. 牛肉は食べやすい大きさに切り、熱したフライパンに広げ入れ、中火で両面を焼く。色が変わったら、割り下を加えて味をからめる。
  4. 器に(2)の酢飯適量を盛り、(3)をのせて貝割れ菜を散らす。